ウイルスは暑さが苦手?メキシコ保健相が明らかに : 新型インフル: YOMIURI ONLINE(読売新聞)

Add a comment 5月 10th, 2009

 【リオデジャネイロ=小寺以作】メキシコのコルドバ保健相は8日、同国で同日までに新型インフルエンザに感染して死亡した45人のうち、4人に1人が肥満だったと明らかにした。

 糖尿病や高血圧、狭心症など持病のある人も多かったという。

 また、昼の気温が30度を超す海岸沿い地域で感染した人は少なく、暑さが苦手なウイルスの特徴が示されたという。

ウイルスは暑さが苦手?メキシコ保健相が明らかに : 新型インフル : 特集 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

ん?なんだかヘンなニュースだぞ?ww

『死亡した45人のうち、4人に1人が肥満だった』

・・・ということは、「4人に3人は肥満じゃなかった」ということだから、肥満じゃない人の方が死亡率が高かったということなんじゃないのかな??

たしかメキシコはもともとアメリカについで肥満率の高い国(およそ30%・・・日本は4%)なので、国民の3人にひとりが肥満の国で、死亡した人の4人にひとりが肥満だったということはなおさら、肥満体型の方が死亡率は低いということに?

よし!

部屋を閉め切って、ブヨブヨのオナカから脂汗をタラタラ流してインフルエンザに勝つぞ~!!(^^;チガウカ


↑ついでにポチっと応援ヨロシク♪

 



  1. No comments yet.Be the first ?
  1. No trackbacks yet.
Comments feed