Business Media 誠:天下の吉本興業にあって、天下のジャニーズにないもの

日本最大級の芸能事務所を2つ答えろと問われれば、みんな「吉本興業とジャニーズ」と答えるだろう。どちらも日本のコンテンツ産業の雄である。しかし、同じコンテンツホルダーでも、大きな違いがある。その違いは、今後、さらに大きな差異になっていく予感がする。

Business Media 誠:天下の吉本興業にあって、天下のジャニーズにないもの (1/3)

インターネットにおける違法ダウンロードのおかげでCDの売り上げが伸び悩んでいる、という話があるが果たして本当にそうだろうかと思う。

CDの売り上げが伸び悩んでいるのは、楽曲の質が落ちているからではないのか?インターネットで違法・適法にかかわらず無料で視聴したり、ダウンロードしたりした作品の中で、本当に気に入ったものはやはりリアルにCDやDVDを買ったりするもんだ。映像は大画面で高画質で見たいし、音楽だって高音質で聴きたい、それにCDのジャケットや付録も欲しくなるじゃないか。

吉本の新しい金儲けの方法を探る姿勢は、とても柔軟で市場にも受け入れられやすいと思う。Youtubeやニコ動で本当に面白いコンテンツに出会った視聴者は、必ずそれに関連して商品を購入するだろう。

記事内で紹介されている「ほぼ日刊イトイ新聞」糸井重里さんの言葉、『「コンテンツの力を信じる」ことが、どんなマーケティングにもまして大切だということ』にはそういう思いが込められている。吉本は自らの持つコンテンツ(芸人の芸やキャラクター)を信じ、ネットでコンテンツが垂れ流されるとしても、必ずコアなファンの心をつかみ、DVDや関連商品の購買につながるだろうと考えているのだ。対するジャニーズはコンテンツ(タレントの歌やビジュアル)を信じておらず、ネットでそれが無駄に消費されてしまうだけで、CDやDVDの売り上げには貢献しないと考えているから、権利を守るのに必死なのだ、と。

実に興味深く、考えさせられる記事だと思った。


↑ついでにポチっと応援ヨロシク♪

 
  1. No comments yet.Be the first ?
  1. No trackbacks yet.
Comments feed